2012年11月27日火曜日

ブログを見るのにフィードを使っているか?

フィードと言う機能を皆さんは知っていますか?

ブログの更新をそのページを見に行かないで知ることが出来る便利な機能です。詳しくはこちら

このブログだと、以下の三つが「鉄道やHSPのブログ」のフィードです。

RSS1.0 http://time.kazelog.jp/weblog/index.rdf

RSS2.0 http://time.kazelog.jp/weblog/rss.xml

ATOM http://time.kazelog.jp/weblog/atom.xml

内容はどれも同じです。



 

で、このブログを見ている方はどの方法で記事を読んでいるのか知りたかったので、投票をしてみることにしました。

注意:このブログ(鉄道やHSPのブログ)だけで考えてください。


2012年11月26日月曜日

自作可変電源装置【作ってみた】

前回、秋葉原の秋月電子通商で購入したものはこちら↓

 

トリガーダイオード(ダイアック)[32V]DB3(10本入) 200円 I-01866 自作自転車HID用(もしかしたら記事書くかも)
可変スイッチング電源キット(MPD7K019S使用) 1800円 K-05758 自作可変電源装置用
小型ボリューム用ツマミ(ノブ) 15mm ABS-28 20円 P-00253 自作可変電源装置のつまみ
パーツ袋詰め 200円 P-05702 安かったから買ってみた

昨日は記事を書いたあとにハードオフに行きました。購入したのはこれ↓

 

ノートPC用ACアダプター(525円)です。(出力19.5V 7.5A)

かなり重さがあります。調べてみるとcore i5搭載のノートPC用でした。

このサイズでもcore i7には対応していないようです。(core i7はアイドル時16A、ピーク時で19A以上が必要)

今日はホームセンターに行き、下のものを購入しました↓

 

フリーコンテナ 98円 電源装置のケース用
シールドクリップ(中) 100円 電源装置の端子用(秋月の方が安かった....)
セパレートケース 298円 小物の整理用(今回の記事には関係ないが、かなり便利)


 

材料は揃ったので製作していきます。

電源キット自体は20分ほどで完成しました。

 

次に、学校からもらった電圧計を分解します(ぇ

なぜなら、電源装置の出力電圧を把握するためです。常にテスターを使うのは面倒だし、電圧計を別に買うのはお金がかかるからです。

とりあえず、メーターの部分だけを取り出すとこんな感じ↓

これをホームセンターで買ったフリーコンテナ(プラスチックの箱)にはめ込みます。

はめ込むための穴を開けるのが大変でした。(約1時間)

はめ込んでからは簡単でした。

配線をし、両面テープで固定しました。

とりあえず、組んでみたのがこちら↓

完成しているように見えますが、細かいところが未完成です。

今後の予定

  1. メインスイッチをつける。
  2. 電源ランプLEDをつける。
  3. ジャックをしっかり固定する。(現在は両面テープだけなのですぐとれるww)

こんなものもついでに作ってみました↓

基本、電源装置とセットで使う。

ちなみに、電圧計はあまり役に立っていません。

製作途中に、電圧計のバネの力が変わってしまいました。

0Vを左端に移動し、倍率器の値を調整したいと思います。(メモリを-5V~15V⇒0V~12Vに変える予定)


2012年11月24日土曜日

快速「むさしの奥多摩号」で東京に

昨日は東京に行ってきました。

帰宅が予定より遅くなってしまい更新が出来ませんでした。

風摩キリトさんのこの記事で存在を知った「休日おでかけパス」を使用しました。

上越線⇒高崎⇒高崎線⇒神保原

で神保原に行き切符の購入です。

切符を購入したら湘南新宿ラインで大宮に行きます。

大宮で40分ほど待つと快速「むさしの奥多摩号」が入線してきました。



 

 

115系スカ色です。

東北貨物線(湘南新宿ライン)・武蔵野大宮支線・武蔵野線・武蔵野線国立支線・中央線・青梅短絡線・青梅線を経由して奥多摩まで走ります。

2時間ほどかけて奥多摩までやってきました。

青梅以降は東京都なのに吾妻線のような感じです。

奥多摩駅にて↓

 

このあと、青梅線⇒青梅⇒青梅線・中央線快速⇒立川⇒中央特快⇒御茶ノ水⇒中央・総武緩行線⇒秋葉原で秋葉原に行きました。

青梅線・中央線のE233系は雨でブレーキの時に滑走していました。

滑走のため車両が前後に揺れ、TIMSの画面にも「滑走」と表示されていました。それでもオーバーランせずに普通に止まっています。

秋月に行き、4つほど部品を購入しました。(購入したものは後日)

秋葉原から京浜東北線で東京に行き、復原した丸の内駅舎を撮影しました。

 

晴れていればなぁ... という感じです。

このあと、上野に行き16:44のE233系で帰ってくる予定でしたが、親が「夕飯食べよう」といい逃してしまいました。

次の籠原止まりでないE233系は18:29です。

1時間以上あるので山手線一周でもしようかと思いましたが、ライトアップした東京駅を撮影しに行きました。

さっきと同じ場所↓

カメラを柵の上に置き、シャッター速度を1sに設定し車を入れるとこんなかんじ↓

撮影したらちょうどいい時間になったので山手線で上野に戻り高崎線快速アーバンで帰ってきました。


2012年11月23日金曜日

クリアファイル

学校の周りでよく塾の人が宣伝でチラシを配っています。

たまに、クリアファイル付きの場合もあります。

今日はクリアファイル付きを配っていました。

さらに言うとノート付きです。

速攻で3つGETしましたww



僕は大体いつも3人で登校しています。

そのうち一人はその塾に行っているため貰う意味がありません。

もう一人は興味がまったくなく貰いません。

塾の人「おはようございます。よろしかったらどうぞ」

FR 「(一緒に来ている2人を指差して)この人達にもあげるんで3枚ください」

塾の人「・・・そうぞ」

このやり取りで3つなら簡単に入手できました。

教室に行くと 素直に断った人、受け取った人、同じ考えで大量に貰った人、貰ったけどいらない人...

いろいろな人がいます。

大量に貰った後に僕が目をつけるのは「貰ったけどいらない人」です。

この人に頼めばすぐにくれます。

これでクリアファイルは5枚になりました.

しかし、ノートは入っていません(´・ω・`)

ノートだけは欲しかったようです。

そのノートには真ん中に思いっきり塾の名前が入っていて授業用には使えませんが、ドット入り罫線で個人で使うには十分すぎます。

最近もたっらクリアファイルと今日のノート(塾の名前は伏せさせていただきます。)

こうしてみるとすごい量ですねww

今日貰ったのは緑のファイル5枚とノート3冊です。

一度(一日)の入手量の最大は約20枚です。

20枚を鞄の中に突っ込んであるのを友達に見られて「バカだろお前ww」といわれたことがあります。

この量になれば何と言われようと構いません。

使っているのを含めれば写真の数倍の量のクリアファイルが家にあります。

しかし、このクリアファイルにも一つだけ難点があります。

それは、塾の名前が入っていると言うことです。

この塾の名前もある裏技を使うと消すことが出来ます。

その方法とは、ステンレス定規(直尺ステン)の後ろ側(150mm・丸い方)で削ることです。

結構綺麗に消すことが出来ます。

削っているので傷が付いてしまいますが、使っているうちにどうせさらに傷つきますから僕は気にしません。

慣れてくると一枚あたり2分ほどで削りきることができます。

ちなみに、この紫のクリアファイルはburuumanさん曰く「なかなか手に入らない。俺も欲しい」とのことです。


2012年11月17日土曜日

上越新幹線開通30周年号

昨日の夜、学校のテストが終わり風摩キリトさんとメッセンジャーで会話していました。

すると風摩キリトさんが↓

風摩キリトさんの発言:おまえ、明日、どぅするぅ~?

Fer Routeさんの発言 :どうするって?

風摩キリトさんの発言:行くか、行かないか。

Fer Routeさんの発言 :なにに?

風摩キリトさんの発言:臨時

この会話のあと、何が走るのかわからなかったので、とりあえず「鉄道.com」を見ました。

するとE5系が上越新幹線を走ると。

「これは撮るしかない!」



 

ってな訳で、撮ってきました。

上越新幹線30周年号の高崎の時刻は公開されていませんでした。

越後湯沢10:19 大宮11:22は新潟支社のホームページに載っていました。

10:19に高崎駅にいれば確実に撮ることができます。

10:19の約30分前に「EL紅葉碓氷」が発車します。ついでにこれも撮ってきました。

これをとった後、新幹線ホームに向かいます。ホームで風摩キリトさんと合流です。

ホームには人が沢山いました。久々の新幹線だったので、とりあえず何枚か撮ってみました。

そして、E5系の「上越新幹線30周年号」がやってきました。

 

風摩キリトさんの撮影した動画はこちら↓


名前変えました。

今まで「らべんだあ」でしたが、「Fer Route」に改名します。

読みは「フェール・ルート」です。

「FR」と略していただいて構いません。



電圧計を貰った

テスト終わったー\(^O^)/(※注意 \(^o^)/ではありませんww)

前回の記事でブログに仕様変更があるとお知らせをしてしまいましたが、実際には11/13では無かったようです。

11/13から順番に新環境へ移行していくということでした。それで変更されたのがこちら

閲覧には殆ど関係ありませんでしたね。

それでは、本題です。どうぞ↓



 

ブログ更新停止のお知らせを投稿した週の金曜日に、部活で理科室の掃除をしました。

普通なら「綺麗になった」で記事に書くほどのことでもありません。

掃除中に、授業の準備をしていた先生が電流計を落としてしまい、1つ壊してしまいました。

落下の衝撃により、針は動かなくなりゴミ箱行きです。

そこに目をつけたのがつみれさん

つみれさんがゴミ箱の中を覗くと、同じ理由で壊れたと思われる電流計と電圧計が3つずつほどあったようです。

つみれ「この壊れたのもらってもいいかな?」

FR 「先生に聞いてみたら?」

先生 「ゴミ箱の中にあるやつならいいですよw」

ってなわけで僕も電圧計を貰ってきました。

その電圧計がこちら↓

左側が割れていますが、問題ないでしょう。

 

裏にはH50年度と謎の年が。

普通に考えれば平成50年でしょうが、そんなわけはありません。たれかがHを付け足したのでしょう。

とりあえず、下の回路図を載せるほどでも無い回路を組んで、電圧計の正確さを調べてみました。

まずは2.0V↓(正確には2.022V ボリュームを手で回してぴったり2.000なんて無理です。)

針はぴったり2.02を示しています。(メモリの10分の1まで読むって教科書に書いてあった。)

割れたところをガムテープで補強しているのは気にしないでください。(風摩キリトさんに笑われました。)

次は、1.0V↓(正確には1.013V)

これも大体あっています。

最後に0.5V(正確には0.497V)

これもあっていますね。

つまり、この電圧計は普通に使えるということです。

15V端子と300V端子は試していませんが、多分大丈夫でしょう。

ちなみに、これと同じぐらいの電圧計をネットで調べてみたところ3000~4000円でした。

割れてはいますが、十分使えるのでかなり得をしたことになります。

電圧計なんて貰って何に使うのだろう...


2012年11月7日水曜日

中間テストのため....

似たようなタイトルをどっかで見た気がしますが、↓

学校の中間テストのため、11月16日まで更新を停止します。

11月13日にブログの仕様変更があるようですが、その日はテスト2日前なので特に確認もしません。

場合によっては不具合が出るかもしれませんが、その場合は17日までお待ちください。(不具合無ければいいけど…)

12日からは風摩キリトさんのブログでおなじみの「禁P令©」を自己発令します。

とりあえず、16日までは記事を書きません。

12日から16日にコメントを投稿しても16日のテスト終了後、僕が家に帰ってくるまでコメントは公開されません。



2012年11月4日日曜日

EL・SL両毛

行きは「EL両毛」としてEF65 501が

帰りは「SL両毛」としてC61が牽引しました。

帰りのSL両毛は「SL C6120に手を振ろう! SL両毛!ウェーブプロジェクト」もやっていました。

おそらく元は、JR九州の九州新幹線全線開業CMでしょう。



 

行きのEL両毛はなんとも微妙な写りです。

EL両毛が来る直前に反対側から列車が接近

「どうせ短いからギリギリかぶらないだろ」と思っていたらブルサンでした。

貨物で非常に長いのでほぼ諦めかけていると↓

 

空コキのおかげで何とか被りは回避できました。(それでも被っているけど)

帰りのSL両毛は、非常に風が強く寒かったです。風にあおられて三脚が倒れそうに何回かなりました。

寒いのに、沢山の人が手を振りにSLを見に来ていました。

 

動画は客車の車掌室から撮影していました。

JRが動画をアップして、僕が映っていたらまた記事を書きたいと思います。