2012年11月26日月曜日

自作可変電源装置【作ってみた】

前回、秋葉原の秋月電子通商で購入したものはこちら↓

 

トリガーダイオード(ダイアック)[32V]DB3(10本入) 200円 I-01866 自作自転車HID用(もしかしたら記事書くかも)
可変スイッチング電源キット(MPD7K019S使用) 1800円 K-05758 自作可変電源装置用
小型ボリューム用ツマミ(ノブ) 15mm ABS-28 20円 P-00253 自作可変電源装置のつまみ
パーツ袋詰め 200円 P-05702 安かったから買ってみた

昨日は記事を書いたあとにハードオフに行きました。購入したのはこれ↓

 

ノートPC用ACアダプター(525円)です。(出力19.5V 7.5A)

かなり重さがあります。調べてみるとcore i5搭載のノートPC用でした。

このサイズでもcore i7には対応していないようです。(core i7はアイドル時16A、ピーク時で19A以上が必要)

今日はホームセンターに行き、下のものを購入しました↓

 

フリーコンテナ 98円 電源装置のケース用
シールドクリップ(中) 100円 電源装置の端子用(秋月の方が安かった....)
セパレートケース 298円 小物の整理用(今回の記事には関係ないが、かなり便利)


 

材料は揃ったので製作していきます。

電源キット自体は20分ほどで完成しました。

 

次に、学校からもらった電圧計を分解します(ぇ

なぜなら、電源装置の出力電圧を把握するためです。常にテスターを使うのは面倒だし、電圧計を別に買うのはお金がかかるからです。

とりあえず、メーターの部分だけを取り出すとこんな感じ↓

これをホームセンターで買ったフリーコンテナ(プラスチックの箱)にはめ込みます。

はめ込むための穴を開けるのが大変でした。(約1時間)

はめ込んでからは簡単でした。

配線をし、両面テープで固定しました。

とりあえず、組んでみたのがこちら↓

完成しているように見えますが、細かいところが未完成です。

今後の予定

  1. メインスイッチをつける。
  2. 電源ランプLEDをつける。
  3. ジャックをしっかり固定する。(現在は両面テープだけなのですぐとれるww)

こんなものもついでに作ってみました↓

基本、電源装置とセットで使う。

ちなみに、電圧計はあまり役に立っていません。

製作途中に、電圧計のバネの力が変わってしまいました。

0Vを左端に移動し、倍率器の値を調整したいと思います。(メモリを-5V~15V⇒0V~12Vに変える予定)


0 件のコメント:

コメントを投稿