2013年11月25日月曜日

光の軌跡

前回の記事の続きです。

浜川運動公園から井野川沿いを通って家の近くについたのは5時頃でした。

今日はSLみなかみも走っているので撮影してから帰宅ということになりました。

しかし、5時というとこの時期は真っ暗です。普通に撮影できません。

流し撮りでも流しきれないほど流れすぎてしまいます。

そこで、発想の逆転。

「そうだ。流しきれないのなら流されればいいんだ!



 

何が言いたいのか自分でもよくわかりません。

要するに、シャッター速度を限界まで遅くして光の軌跡だけを残そうという発想です。

実際に写真を見た方がわかりやすいですね↓

SLみなかみ シャッター速度15秒

狙い通り、光の筋だけが残りましたが、なんの車両なのか全くわかりません(;^ω^)

この方法で撮っていて面白かったのがE233系です。

側面の行き先表示器のLEDが点滅している様子がわかります。

どうしてこうなるのか知りたい方は調べてみてください。意外と面白いですよ。


久々の更新です。約2か月ぶりです。

何をやっていたかといいますと、

10月…文化祭実行委員

11月…期末テスト

あまりにも内輪ネタすぎてブログのネタになりませんでした。

それで、期末テストが終わった今日、marukuさんと「秋らしい写真を撮ろう!」ということでいろいろな場所を巡ってきました。

期末テストの点数は過去最高でした。これを受験までにさらに上げるため、更新頻度は低いままです。



 

まずは1か所目。 「銀色の12系」

marukuさんは最初からこの場所を知っていたようです。

 

今は倉庫として使われているようです。場所は下の地図を見てください↓


大きな地図で見る

続いて2か所目。「鳴子稲荷神社」

「神社なら、木もいっぱいあるから秋らしい写真が撮れるだろう。」という発想で行ってみました。

場所は、さっきの12系の場所から少し北に行ったところですが、南に行くと大きな鳥居があるのでそちらに先に行きました。

ここから北に向かって戻ります。

随分としっかりした神社です。稲荷神社らしく鳥居も沢山ありました。

その近くで秋らしい写真を撮ってみました。

モミジやイチョウを期待していたのですが、稲荷神社ということで杉だらけでした。

 

鳴子稲荷神社から北西に少し行ったところには南新波稲荷神社がありました。

ということで3か所目は「南新波稲荷神社」です。

稲荷...ということであまり期待はしていませんでしたが、思いの外いい写真が撮れました。

marukuさんが変わった撮り方をしていたので、真似してみると↓

こんな感じになりました。

次が最後の場所ですが、4か所目も神社です。今度は「榛名神社」です。

ここは公民館が隣接されていて、境内が広かったです。


大きな地図で見る

「いい加減、神社はやめようぜ…」という空気が流れていましたが…

立派なイチョウの木がありました。

いい写真が撮れたので「帰ろうかな~?」と思ったらmarukuさんが違う方向に…

その結果、稲刈り後の冬の田んぼの真ん中で長野新幹線を撮ることができました。

 

この後、「何かありそう!」という根拠のない直感で北に突っ走ります。

向かい風&上り坂に耐えながらも北に進んだ結果↓

 

夕日が反射したきれいな町並みを撮れました。

ここからどうやって帰ろうかな…とカメラの地図を見たら、井野川の源流が近いことがわかりました。

ということで、さらに寄り道です。


大きな地図で見る

長めの上り坂を上って源流到着~! と思ったら、細い川2つに分岐していました。

この先も気になりましたが、時間もなく、まだまだ距離がありそうだったので諦めました。

どうやら、カメラの地図では細すぎて載っていなかったようです。

この時点で時刻は4時過ぎ。辺りが暗くなり始めました。今度こそ帰路につきます。

井野川のサイクリングロード沿いに進んでいくと浜川運動公園が近づいてきました。

 

…はい。また通り寄り道です。

 

何気にここが一番秋らしい写真になりました。

最初の目的である「秋らしい写真を撮る!」は達成できました。

 

寄り道をしまくりながら帰ってきましたが、実はもう一か所寄り道をしています。

まあ、それは「別のお話」ということで、次回へ続く


2013年9月30日月曜日

自転車が折れた

久々の更新です。今年中は月1~2回ペースで更新していきたいと思います。

タイトルを見て多くの方は混乱しているでしょうね。特に深い意味はありません。そのままです。

昨日、普通に道を走っていたら、自転車が折れました



 

中間テストも近く、受験勉強もかねてコットンさんと図書館で勉強をしに行きました。

その帰りに、本屋によって本を買っていこうという話になりました。

図書館と本屋との中間地点を走行中「カキーン」と金属が破損するような音が鳴りました。

異音がなったので、普通に停車。

コットンさんは「何があった? 派手に空き缶でも踏んだか? スゲー音なったぞww」と言っていました。

元がぼろい自転車です。壊れそうな箇所を無理やり修理して使っていました。
そのどこかが壊れたのだろうと判断し、そのどこにも異常がないことを確認。

再び乗ってみると、沈むような感覚… 明らかに壊れています。

もう一度確認してみると、2本あるフレームのうち1本が折れていました

私「自転車が、折れた…」

コ「はい? どゆこと?」

私「だから、ここ(フレームのハンドル側の根元の部分を指さして)が折れた…」

コ「折れるもんなんだねww」

私「10年以上使っているからね」

コ「で、乗れるの?」

私「1本は残っているからたぶん大丈夫」

という会話の後、家までは乗っていくことに。

しかし、2本で支えていたものが1本になると、車体は大きくゆがみます。
「こっちも折れるんじゃね」と思ってしまうほど歪みます。

普通に乗ってしまうと、家どころか本屋にすら着けないでしょう。

仕方がないので歩きました。距離的にはこの記事でミュンヘンさんが往復しているのでそんなに遠くはありません。500m程度でした。

家まで着けそうにないので、本屋に親に迎えに来てもらうことにしました。

その間に、欲しい本は買いました✌(・ω・)

塾に行くのにも、学校に行くのにも使うので即刻新しい自転車を買う必要があります。

親の車で、近くのホームセンターに行って購入しました。5万円程度です。

そのまま自転車に乗って塾に行きました。

本当は家で休んでから塾に行く予定だったのですが…

自転車が折れるというのは想定外でした。

自転車屋の店員も「この壊れ方は珍しい」と言っていました。

金属疲労が原因でしょう。12年も使っていたら、折れても不思議ではないでしょう。

 

移動手段のメインとして使われるものが折れたので買い換えたという報告でした。


2013年9月2日月曜日

ブログ更新頻度の低下のお知らせ

管理人 よしひさ が受験のため、ブログの更新頻度が低下することをお知らせします。

ブログ開設当初と比べると更新頻度はかなり低下していますが、それがさらに低下します。

具体的にどの程度の頻度になるかはわかりません。(ただし合格までの回数が0回にはならないと思います。)

一応、高校の合格発表の当日か翌日に制限解除の予定です。

Twitterは制限対象にはしていませんが、おそらくツイート数は減ると思います。



2013年8月29日木曜日

East i-E 信越線・上越線検測

本日、East i-E が信越線・上越線を走りました。

【追記】今日は両毛線検測でした。こちらもミュンヘンさんの誤情報です。

ミュンヘンさんから昨日情報を頂き、信越線の下りを9時にmarukuさんとミュンヘンさんと集合して撮りに行きました。

9時過ぎには信越線沿線に着きました。しかし、しばらく待っても来ません。

ミュンヘンさん曰く「詳しい時間は知らんから、早めに行って1時間ぐらい待てば来るんじゃね」とのこと。

そして1時間が過ぎても来ません。「本屋行ってダイヤ確認してくる」とミュンヘンさんは本屋へ赴きました。

さらに20分が経過。本屋はそんなに遠くありません。これはおかしいのではないかとmarukuさんと話していました。

すると、息を切らしたミュンヘンさんが登場しました。そして私たちに向かってこう言いました。

「自転車の鍵なくした…」



私とmarukuさんは唖然とし、そして苦笑することしかできませんでした。

で、本題のダイヤを聞いてみると「8時半に通ったらしい。11時に上りが帰ってくる」

・・・つまり、私たちの待ちは無駄だったようです。時間を調べずに適当に「9時ぐらい」と言ったのはミュンヘンさんです。

とりあえず、あと10分ほどで上りが来ることが分かったのでそれは撮ります。

ミュンヘンさんは携帯で家に電話をして、予備の自転車の鍵を持ってきてもらうことにしたようです。

鍵を受け取りに、本屋へミュンヘンさんが戻っていった数分後、East i-Eは来ました。

E491系 信越線検測 北高崎~高崎

無事、撮影を終えた私とmarukuさんは10分後に発車する上越線検測を撮るために移動します。

移動中に、自転車の予備鍵を受け取って自転車に乗ったミュンヘンさんに会いました。

私たち「East i通ったよ」

ミュンヘン「え?」

私たち「あんたがチャリキー探している間に行っちゃったよw」

ミュンヘン「( ゚д゚)」

ということで、ミュンヘンさんは見られなかったようです。

上越線に移動して、数分したら高崎で折り返してきたEast i-Eが来ました。

E491系 上越線検測 高崎~高崎問屋町

この場所の反対側には水田があります。

稲穂が実ってきています。もうすぐ秋ですね。

 

 

午後は、marukuさんと上越線検測の帰りを撮影しに行きました。

いつもの場所でSLを撮影すると・・・

先頭が家の影で暗くなっています。日が傾くのが早くなってきたようです。

ここだと影と被ってだめだということで、場所を移動しました。

そして、ミュンヘン情報の5分遅れでEast i-Eが来ました。

E491系 上越線検測 新前橋~井野

曇ってしまったため、さっきの場所でも変わらなかったという結果になりました。

私とmarukuさんとしては、成果がそれなりにあった一日でしたが、ミュンヘンさんは何かを失った一日でした。

何を失ったかだって?それを言うと本人があまりにもかわいそうだから黙っておきます。


2013年8月28日水曜日

E233系7000番台 配給

今日、E233系7000番台の配給列車が走りました。

7000番台は埼京線用です。

学校の関係で、近場で撮影することになりました。



 

EF81 134 + E233系 配給

一応、後ろ側も。

 

この配給が来る前にEH200の単機が通りました。

 

長い貨物だと思って、ズームしなかったため家に帰ってからトリミングしました。

 

どうでもいいのですが、今日のような列車は
・配給列車
・甲種輸送
・甲種回送
のうち、どれでしょうか?

それぞれの違いが分かっていれば簡単に答えられるはずです。

それぞれの意味は以下の通りです。
・配給列車・・・自社の車両を自社の機関車で輸送すること
・甲種輸送・・・自社の車両を他社の機関車で輸送してもらうこと。(正確には甲種車両輸送)
・甲種回送・・・そんな言葉存在しない

今回の場合は、JR東日本の車両をJR東日本の機関車でJR東日本の線路を使って輸送したため配給列車になります。

甲種車両輸送は「JR貨物などの宅配業者」に「車両という荷物」を運んでもらうことです。(宅配ではないけど)

甲種回送は俗語ですね。

ミュンヘンさんに許可を頂いたので、彼の撮影した動画を紹介して、今回の記事は終わりです。


2013年8月22日木曜日

SLみなかみ 上越線ゆめぞら

先週の日曜日、SLみなかみと上越線ゆめぞらに乗って、越後湯沢まで行ってきました。

切符はもちろん青春18切符です。



9:30頃、高崎駅に客車が入線してきました。

実はC61牽引のSLに乗ったのは初めてです。

 

水上に着くまでの間に撮影した写真


  

水上で、ゆめぞらに乗り換えます。

水上を発車して15分ほどで、土合駅に着きます。

土合と言ったら、この階段ですね↓

ゆめぞらの停車時間は19分、前回登った時のタイムは7分でした。

上まで行ってこられそうだったので、行ってきました。(撮影時間込みで12分で往復)

登るときよりも降りるときの方が大変な気がしました。

土合の次は越後湯沢です。

越後湯沢に着いたら、すぐ帰りたかったのですが電車が無いため2時間待ちです。

暇だったので新幹線ホームに行ってきました。(18切符では入れないため、入場券を別途購入)

新幹線を撮っている間に、2時間が過ぎ、水上行の上越線が入ってきました。

車内はなぜか妙に混んでいました。

新幹線を使わないで都会に帰る人がたくさんいたのでしょう。

そして水上駅に着くと座席争奪戦、通称「椅子取りゲーム」が発生しました。

一応、座席を確保できたので、そのまま帰ってきました。

椅子取りゲームが開催されたため、帰りの写真は撮影している暇がありませんでした。

残った18切符は、今月末に使用したいと思います。