2013年2月25日月曜日

SL碓氷

今日は、冬の臨時列車としては最後のSL碓氷が走りました。

風が強く寒かったです。

自転車移動だと、風上に向かって走る時が大変です。



HMは、12月に走ったSL碓氷と同じでした。

風が家を出る時点で相当強かったのでこんなものも持っていきました↓

風速計です。

写真では、 5.1m/s 1.4℃となっています。

この時間の湿度は、アメダスの観測データから39%であることがわかっています。

気温 1.4℃ 湿度 39% 風速5.1m/sとして体感温度を計算すると

-8.9℃

でした。

寒すぎです。

来週から春の臨時列車として運転なのに、気温が予報だと今日とあまり変わりません。

今度から、温度計・風速計・湿度計を持っていこうかな…


2013年2月17日日曜日

上越線の183系と485系

小惑星2012 DA14の撮影のため朝4時に起きているからシーハイル上越の頃には余裕で起きています。

起きてから4時間以上経っているのでそれほど眠くありません。普段の休日なら寝ているか寝起きです。

ミゼルさんをメールで撮影に誘ってみましたが来ませんでした。おそらく寝ていたでしょう。

メールの返信が帰ってきたのが0:56でした。

この時間に起きていたら、間違いなく次の日の朝8時には起きないでしょう。

そのメールに朝4時に返信する私もどうかとおもいますが...



 

183系OM103編成です。

1月に18切符で富山に行った時もこれに乗りました。

水上より上野側の場合、北越急行を使っても北陸線に出るには、シーハイル上越が最も朝早い列車になります。

それよりも早い列車がありますが、途中の接続が悪いためシーハイルに乗っても直江津発の時間は変わりません。

さらに早くしたい場合にはムーンライトえちごを使うという裏技があります。

 

この前の場所でも何枚か撮影してみました。

 

115系は雪を大量に載せています。

水上から来て高崎で折り返したのでしょう。

赤城山は雲がかかってしまい、頂上付近は写っていません。

 

12時ごろにはほくほく十日町雪祭りが通ります。

上越線を485系国鉄色が通るのはなかなかありません。

シーハイル上越と比べてズームが強いのは被りを避けるためです。

上り側も接近していましたが、橙と緑だったので115系と予想しました。

115系の場合は井野駅停車の時間があるので、普通は被りません。

しかし、被りました。

橙と緑だったので115系と考えましたが185系の湘南色でした。

この2つが離合する写真が撮れたらもっと珍しいですが、急だったので撮れませんでした。

後追い写真は185系も通過後なのでしっかり撮れました。

車両は新津車両センターのK2編成でした。

新津車両センターの485系は、常磐線のE657系の導入で余剰となった653系に置き換え予定があるらしいです。

そうなると、「ほくほく十日町雪祭り」は将来、「フレッシュほくほく十日町雪祭り」になるのでしょうか?


2013年2月16日土曜日

小惑星 2012 DA 14 地球に接近

小惑星2012 DA14が、今日の朝4時ごろに地球に接近しました。

家の近くで撮影をしました。

地球に最も近づいたのは2013年2月16日午前4時24分頃(JST)で、
スマトラ島近傍の西インド洋上空約27700kmを通過しました。

静止軌道が高度約35786kmだから、気象衛星や通信衛星の軌道の内側を通過する事になります。



 

朝4時前に起き、近くの駐車場で撮影しました。

新聞がまだ届いていない時間です。

しし座からおおぐま座の間を通過するらしいのですが、しし座もおおぐま座もなかなか見つけられません。

10分ほど場所を捜しながら移動して、20分ほどしてやっと見つけられました。

カメラの液晶画面には星は写らないので、1枚撮って写っているか確認するの繰り返しです。

「ここを通っているであろう」と予測をし、連続で撮影をしましす。

星空の撮影なので、ノイズの入らないように、 SS15  F3.5  ISO400で撮影しました。

シャッター速度は15秒ですが、ノイズ軽減処理にも15秒かかります。

その結果、1分間に2枚が限界です。

1時間ほど撮影したら、風も吹いてきて東の空も明るくなってきたので家に戻りました。

2012 DA14がどこにあるか拡大して確認しましたが、わかりませんでした。

しかし、こんな写真も↓

真ん中に、一本斜めに線が入っています。

たぶん、流れ星でしょう。

方向が2012 DA14とは逆なので、2012 DA14の影響によるものでは無いと思います。

写真を詳しく解析すれば、小惑星2012 DA14が写っているのかもしれませんが捜すのが大変です。

拡大すると、肉眼では見えないような小さな星がたくさんありました。

数が膨大すぎて捜すのが大変すぎます。

 

今年は彗星が2回接近するそうです。

1回目は3月から5月で、明るさは0~-0.4等級

2回目が11月から12月 明るさは-10等級より明るいと予測されています。

今回の小惑星が7等級だったので、12月の彗星は約600万倍明るい事になります。

-4等を超えているので、昼間でも肉眼で観測できると予想されています。

彗星は、しっかりと撮影できるでしょう。


2013年2月4日月曜日

赤城山と群馬県庁

今月は23日までSLが走りません。

ちょっと残念です。

SLは走らなかったですが、今日も撮影に行ってきました。



臨時化されてしまった特急「草津」

背景の山は赤城山です。特急「あかぎ」なら完璧だったのに...

右端に写っているピンク色のビルのような建物は群馬県庁舎です。

高さ153.80mで県庁舎としては日本一です。(都道府県庁舎としては日本第2位 1位は東京都庁舎)

展望台の高さは東京タワーの大展望台と同じぐらいです。

海抜で考えると群馬県庁のほうが高いです。

景色も群馬県庁からの眺めの方が良いと思います。

周りの視界を遮るようなビルもなく、赤城山・榛名山・利根川を眺める事ができます。

 

約10分待ったら115系が来ました。

風景写真の撮影に意外といい場所だという事がわかりました。

「群馬県で撮影しました」という事もアピールできます。


2013年2月3日日曜日

USBメモリを買った

USBメモリを買いました。

容量は16GBです。

値段は1600円です。

USB3.0対応にしました。



 

近所の家電量販店に自転車で行きました。

1月の服装のまま出かけたら暑かったです。

最高気温は18.6℃(4月中旬並)でした。完全に春のようです。

 

レジの前にはワゴンセールで「8GB 690円」のUSBメモリがありました。

その横には「16GB 1400円」のメーカーがよくわからないUSBメモリがありました。

これを買おうかと思ったのですが、転送速度が不明で不安です。

USBメモリコーナーに行くと「16GB 1500円」と「16GB 1600円」のがありました。

どちらも日本のメーカーです。

悩んだ結果、「16GB 1600円」の方を買いました。

理由は転送速度が速くUSB3.0に対応していたからです。箱には最大70MB/sと書いてあります。

家のパソコンはUSB2.0までしか対応していませんが、2014年4月8日(windows xp サポート終了)までには確実に買い変える事になるので3.0対応を選びました。それまでにUSBメモリが駄目になる事は無いと思います。

 

外観です↓

USB3.0対応のため端子の下のプラスチック部が青です。

今まで使っていたのは黒でした。

(多分 1.0・1.1が白 2.0が黒 3.0が青です。白のケーブルでUSB2.0対応製品に繋いだら「ケーブルを変える事で転送速度が向上します...」みたいなメッセージが表示されました。)

 

PCに繋いで見ました。ついでに他のUSBメモリや外付けHDDもつなげました。

キャプチャ画像で「USB16GB(F:)」と表示されているのが今回買ったものです。

今日購入したUSBメモリはキャップを固定しておけるところがなかったので、緑の紐で繋いであります。

写真は左から

USBメモリ 16GB 今日購入したもの

USBメモリ 1GB 今まで使っていたもの

USBメモリ 128MB ほとんど使用していないもの 容量が少なすぎます。

外付けHDD 40GB BVE4やRailSim2のデータ用

外付けHDD 40GB 普段使わないデータ用

です。

箱から出して繋いだ時はFAT32でフォーマットされていましたが、exFATでフォーマットし直しました。

4GB以上のファイルを入れる事は無いと思いますが、高速化するようなのでそうしました。

(常に挿しっぱなしならばNTFSが見かけ上は最速ですが)

 

アイコンの変更は比較的簡単です。

一番上の階層(F:¥)などに「Autorun.inf」というファイルを作成し、その中に

[Autorun]
icon=○○

と記述するだけです。○○の部分にはアイコンファイルを指定してください。

 

一応、転送速度も測ってみました。

70MB/sには程遠いです。2チャンネルアクセスが2.0だと使用できないからだと思われます。

 

今後はこれをメインに使用します。(ミゼルさんがUSBメモリ欲しいとか言っていたような...)

 

今まで使っていたものにはandroidなどをインストールしてみようと思います。

androidはスマホのOSですが、x86CPU対応版があるようなのでそれを使います。

LinuxのLive USBを作るのと同じだと思います。

成功したらブログかホームページで紹介します。