2013年8月29日木曜日

East i-E 信越線・上越線検測

本日、East i-E が信越線・上越線を走りました。

【追記】今日は両毛線検測でした。こちらもミュンヘンさんの誤情報です。

ミュンヘンさんから昨日情報を頂き、信越線の下りを9時にmarukuさんとミュンヘンさんと集合して撮りに行きました。

9時過ぎには信越線沿線に着きました。しかし、しばらく待っても来ません。

ミュンヘンさん曰く「詳しい時間は知らんから、早めに行って1時間ぐらい待てば来るんじゃね」とのこと。

そして1時間が過ぎても来ません。「本屋行ってダイヤ確認してくる」とミュンヘンさんは本屋へ赴きました。

さらに20分が経過。本屋はそんなに遠くありません。これはおかしいのではないかとmarukuさんと話していました。

すると、息を切らしたミュンヘンさんが登場しました。そして私たちに向かってこう言いました。

「自転車の鍵なくした…」



私とmarukuさんは唖然とし、そして苦笑することしかできませんでした。

で、本題のダイヤを聞いてみると「8時半に通ったらしい。11時に上りが帰ってくる」

・・・つまり、私たちの待ちは無駄だったようです。時間を調べずに適当に「9時ぐらい」と言ったのはミュンヘンさんです。

とりあえず、あと10分ほどで上りが来ることが分かったのでそれは撮ります。

ミュンヘンさんは携帯で家に電話をして、予備の自転車の鍵を持ってきてもらうことにしたようです。

鍵を受け取りに、本屋へミュンヘンさんが戻っていった数分後、East i-Eは来ました。

E491系 信越線検測 北高崎~高崎

無事、撮影を終えた私とmarukuさんは10分後に発車する上越線検測を撮るために移動します。

移動中に、自転車の予備鍵を受け取って自転車に乗ったミュンヘンさんに会いました。

私たち「East i通ったよ」

ミュンヘン「え?」

私たち「あんたがチャリキー探している間に行っちゃったよw」

ミュンヘン「( ゚д゚)」

ということで、ミュンヘンさんは見られなかったようです。

上越線に移動して、数分したら高崎で折り返してきたEast i-Eが来ました。

E491系 上越線検測 高崎~高崎問屋町

この場所の反対側には水田があります。

稲穂が実ってきています。もうすぐ秋ですね。

 

 

午後は、marukuさんと上越線検測の帰りを撮影しに行きました。

いつもの場所でSLを撮影すると・・・

先頭が家の影で暗くなっています。日が傾くのが早くなってきたようです。

ここだと影と被ってだめだということで、場所を移動しました。

そして、ミュンヘン情報の5分遅れでEast i-Eが来ました。

E491系 上越線検測 新前橋~井野

曇ってしまったため、さっきの場所でも変わらなかったという結果になりました。

私とmarukuさんとしては、成果がそれなりにあった一日でしたが、ミュンヘンさんは何かを失った一日でした。

何を失ったかだって?それを言うと本人があまりにもかわいそうだから黙っておきます。


2013年8月28日水曜日

E233系7000番台 配給

今日、E233系7000番台の配給列車が走りました。

7000番台は埼京線用です。

学校の関係で、近場で撮影することになりました。



 

EF81 134 + E233系 配給

一応、後ろ側も。

 

この配給が来る前にEH200の単機が通りました。

 

長い貨物だと思って、ズームしなかったため家に帰ってからトリミングしました。

 

どうでもいいのですが、今日のような列車は
・配給列車
・甲種輸送
・甲種回送
のうち、どれでしょうか?

それぞれの違いが分かっていれば簡単に答えられるはずです。

それぞれの意味は以下の通りです。
・配給列車・・・自社の車両を自社の機関車で輸送すること
・甲種輸送・・・自社の車両を他社の機関車で輸送してもらうこと。(正確には甲種車両輸送)
・甲種回送・・・そんな言葉存在しない

今回の場合は、JR東日本の車両をJR東日本の機関車でJR東日本の線路を使って輸送したため配給列車になります。

甲種車両輸送は「JR貨物などの宅配業者」に「車両という荷物」を運んでもらうことです。(宅配ではないけど)

甲種回送は俗語ですね。

ミュンヘンさんに許可を頂いたので、彼の撮影した動画を紹介して、今回の記事は終わりです。


2013年8月22日木曜日

SLみなかみ 上越線ゆめぞら

先週の日曜日、SLみなかみと上越線ゆめぞらに乗って、越後湯沢まで行ってきました。

切符はもちろん青春18切符です。



9:30頃、高崎駅に客車が入線してきました。

実はC61牽引のSLに乗ったのは初めてです。

 

水上に着くまでの間に撮影した写真


  

水上で、ゆめぞらに乗り換えます。

水上を発車して15分ほどで、土合駅に着きます。

土合と言ったら、この階段ですね↓

ゆめぞらの停車時間は19分、前回登った時のタイムは7分でした。

上まで行ってこられそうだったので、行ってきました。(撮影時間込みで12分で往復)

登るときよりも降りるときの方が大変な気がしました。

土合の次は越後湯沢です。

越後湯沢に着いたら、すぐ帰りたかったのですが電車が無いため2時間待ちです。

暇だったので新幹線ホームに行ってきました。(18切符では入れないため、入場券を別途購入)

新幹線を撮っている間に、2時間が過ぎ、水上行の上越線が入ってきました。

車内はなぜか妙に混んでいました。

新幹線を使わないで都会に帰る人がたくさんいたのでしょう。

そして水上駅に着くと座席争奪戦、通称「椅子取りゲーム」が発生しました。

一応、座席を確保できたので、そのまま帰ってきました。

椅子取りゲームが開催されたため、帰りの写真は撮影している暇がありませんでした。

残った18切符は、今月末に使用したいと思います。


2013年8月14日水曜日

あまりにも暑いので実験してみた

最近非常に暑いです。3日連続で38℃を超えました。

水道から出てくる水が、最初はお湯です。

「この気温と太陽の光で水温を何℃まで上げられるの?」ということで、実験してみました。



 

準備するものは

・黒く塗ったペットボトル
・温度計
・水

です。

温度計は、上段が気温 下段が水温を表示するようになっています。

ベランダに置いて実験開始です。

 

 

 

実験開始から5分

水温が気温を超えました。

 

 

実験開始から1時間

水温が50℃を超えています。

 

 

実験開始から2時間 水温が60℃を突破(写真無し)

実験開始から3時間 水温は1時間前からほとんど変化なし(写真無し)

実験開始から4時間
水温が低下し、50℃台になっていました。日が傾いてきたのが原因です。
ここで実験終了です。

 

結果

 

上段 最高水温
下段 実験開始時の水温

62℃近くまで水温を上げることができました。

実験に使ったペットボトルを触ってみると当然のことながら「熱い」です。

正直、予想よりも水温が上がっていました。

工夫をすれば、沸騰させることもできそうです。

 

この暑さ、いつまで続くんですかね…


2013年8月7日水曜日

第39回高崎まつり花火大会

この前の土曜日(8月3日)に行われた花火大会の写真です。

marukuさんと撮影しに行きました。場所は去年と同じ「電柱が素晴らしいほど邪魔な場所」です。

今年はプログラムを持って行ったため、スターマインと10号の花火を多く撮ることができました。



まずは、プログラム順にスターマインを紹介していきます。

開幕 ようこそ高崎へ「もてなしの花火」

いつ最初の花火が打ち上げられるのかはっきりとわかっておらず、1番最初は逃してしまいました。

「電柱が素晴らしいほど邪魔な場所」だけあって、開幕から電柱が邪魔です。












エンディング 超特大スターマイン 天の光景

大量に打ち上げられたため、白くなってしまっています。

 

スターマインではない普通の花火

うまく撮れたものを紹介します。

スターマインはすべてに電柱が入っていますねw

普通の花火はすべてが写真の中に収まっているのが少なかったです。

 

来年は電柱の無い場所で撮影したいです。


2013年8月5日月曜日

C61誕生記念号

今日、C61誕生記念号が走りました。

marukuさん達と、前回撮影した場所で撮影しました。



前回、煙がはみ出てしまったため上の方をかなり空ける構図にして撮ったら下がギリギリになってしまいました。

 

帰りは、特に変わったこともせず、普通に撮りました。

C61には再来週あたりに乗る予定です。